上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

↑ページトップ

1話分と同様、まずはピンポイントのネタバレのみ掲載します。画像付きフルストーリーはのちほどアップ。ネタバレ嫌な方はご注意願います。

Ep. 302: The Butterfly Effect

怪力、バランス、スピードを兼ね備えたスーパーバディになったモヒンダーは筋肉ムキムキ。髪型も変わって自身満々のセクシー部長色男に大変身し、「すべては君のおかげだ!」と、マヤを魅了。洋服を一瞬にして脱がせ、2人は男女の関係に・・・しかし翌朝、モヒンダーの背中の皮がはがれ落ち始めた。

スーパースピードの女の名前はパリに住むダフニ・ミルブルク(Daphne Millbrook)と知ったヒロとアンドーはパリのアパートへ瞬間移動。彼女はモナリザの微笑みをも所有する大泥棒だった。帰ってきた彼女との交渉に失敗したヒロは化学式も手に入れられず、アンドーとの友情をも失いそうになってしまう。

未来から来たピーターのパワーでアフリカの砂漠に送られてしまったマット・パークマンは、なぜか彼のことを知っている男に出会い、アメリカに帰りたいと訴えるが今は耐えるのだと言われる。

不死身になったサイラーがカンパニーに現れ、ボブを殺害。エルは独房に入れられていたノアに助けを求めるが、ぶっ飛ばされる。エルの電気パワーでサイラーを倒せたものの、カンパニーの電気系統がダメになってしまい、閉じ込めていた悪い人間たちがみな脱出。エル自身も気絶している間にノアも脱出。

*この悪い人間の中の1人(ジェッシー)と現在のピーターの中身が実は入れ替わっている可能性があります。未来のピーターが「ジェッシーの中にピーターを閉じ込めた」ようなことを言っていますが、いまいち不明。アンジェラも未来のピーターに「私の息子を返して」と触れているので次回以降、ちょっとづつ明らかにするのでしょうか?にしても、ピーター解りづらい。

ニキに瓜二つのそっくりさん、トレイシー・ストラウス(Tracy Strauss)は州知事のアドバイザー兼愛人で、副知事にはなぜかネイサン・ペトレリをとごり押し。ゴシップの記者にべガスでストリッパーをやっていただろう脅され、ネイサンに会いに行くと「ニキ!」と言われ混乱した挙げ句、記者を凍らせて粉々にしてしまい本人もびっくり。一方、ネイサンはそのオファーを受ける。

サイラーとの一件以来、治癒力どころか痛みさえ感じなくなり、「私には心があるの?」と落ち込んでいたクレアのもとへノアが戻って来た。でもすぐに逃げ出した悪党たちを探し出しに行かなければならなかった。一緒に連れて欲しいと頼むクレアだったが、家族と一緒に家に残れと言い聞かされる。ノアは家族を守るため、クレアの実の母親メレディスを既に呼んでいたのだった。

地下室で横たわるサイラーに話しかけるアンジェラ。「あんたは俺の母親じゃない!」と力なく抵抗するサイラーだったが、アンジェラは言った。「でも、私があなたの母親なのよ? Son, I am your mother...」 つづく。


どえええええーーー!!!やっぱりサイラーの母=アンジェラ。ってピーターとサイラー兄弟かいっ!兄弟は仲良くしなきゃダメぢゃんw

09/24/2008 | コメント(0) | トラックバック(1) | HEROES | ↑ページトップ

この記事へのコメント

コメントを書く

 
 
※非公開コメント投稿不可
 

↑ページトップ

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ヒーローズ:シーズン3 第1話 \"The Second Coming\"
Heroes Volume 3 \"Villains\" - Chapter One \"The Second Coming\"・・・イエス(ジーザス・クライスト)の復活。 時は4年後・・・とある建物の中。顔に大きな傷...

アルコホリック 2008.09.24 12:07 (水)

↑ページトップ

ブログ内検索

カテゴリー

一押しサイト

プライベートモード

スポンサーズサイト

プロフィール

Blog People


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。