上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

↑ページトップ

Heroes Volume 3 "Villains" - Chapter Five "Angels and Monsters"・・・天使と怪物。

- NY、カンパニー。爆発した未来から戻って来たピーターは、サイラーの部屋へ現れて自分が得たサイラーの能力を消す方法を教えろと激しく攻撃。「もうお前は俺と同じなのだ、兄弟よ!」と言われ、ピーターはサイラーの首の骨を折る。それを見て駆けつけた母アンジェラに「隠し事をするな!」と凶暴化。
アンジェラを襲うピーター
「言わないのなら脳の中を見てやる!」とカットしようとしたところで生き返ったサイラーが、ピーターを不意打ち。アンジェラは助かった。そこへノアがやって来て、次なる任務が出来たとサイラーを誘い、あやしくにんまり。

- CA、ベネット家。チアリーダーのお泊まり会などは無く、携帯にも出ないクレアを心配する母サンドラは、悪党たちの書類を引っ張りだしてクレアの行きそうなところを考えていた。「クレアは死なないのよ?」と余裕のメラディスに、「このスティーブンって男、物を消し去ることが出来るのよ?クレアを消すことだって出来る!」とサンドラ。顔色を変えたメリディスは身覚えのある男のファイルを見つけた。エリック・ドイル。
エリック・ドイル
「とにかく酷い男なのよ。ここからそう遠くないわ!」と言うと、「クレアは私の娘!一緒に行くわ」と言うサンドラを断って、一人で出発した。しかし、実際にクレアが行ったのは、スティーブの家だった。(サンドラの悪寒的中)

- アンジェラから受けた任務で土の中に生き埋めにしたアダム・モンローを連れ戻しにきたヒロとアンドー。化学式を盗んだ“悪党のボス”を知っているのはアダムだけだった。それを聞いたアダムは「ハッ!だから化学式は燃やせと言ったのに!」と事情を知っている様子で、「本当の悪党はそのアンジェラ・ペトレリだ」と言う。それを聞いて少し混乱したヒロ。

- スタンガンを使って背後からスティーブンを撃ち、優位に立ったクレアは「あんたをカンパニーのレベル5へ連れて行くわ!」と凄む。しかしスティーブンは悪い人間ではなかった。クレアがパインハーストから来た人間では無いと分かり、身の上話をする。自分の能力を知らず、近所の男を消してしまったたった1回の過ちで人生がめちゃくちゃに。妻を愛している、家族に会いたいという彼に同情したクレアは自分が協力すると言った。

- ディーラーからドラッグを買おうとしたモヒンダーだが、悪のパワーのせいで凶暴化し、ディーラーを半殺しにしてラボに連れてくる。そこへ近所の男が行方不明という紙を持ったマヤがやって来た。「研究は進んでいるよ!」とごまかそうとしたモヒンダーだが、床に付いた血を見てしまったマヤは急いで出て行く。

- ワシントン。トレイシーはネイサンにレポーターを殺したのは自分であり、能力のことを公開して自首すると打ち明けた。しかしネイサンはそれは事故だと説得。そして自分もかつてパワーのことを公開しようとして撃たれて死んだ。しかし神が再び命とパワーを与えてくれたのだと語った。が、トレイシーは「神がパワーを与えたって思っているの?」と人工的に操作されたと教えた。

- クレアの協力で家族に電話することが出来たスティーブン。しかし突如、電話の回線が切られたかと思うと銃を向けたノアが突入してきた。「クレア?」「ダッド?!」とお互いに驚く2人に、「やっぱり騙したんだな!」と怒ったスティーブンがクレアを人質に取った。すると「その娘を離せ!」とサイラーが現れた。「どうしてサイラーがここにいるの!!」と父に対して怒りを露にするクレア。するとスティーブンが床にブラックホールを作り逃走!
クレアとブラックホール
激しく物を飲み込む穴に吸い込まれてしまいそうになったクレアは危機一髪!サイラーが手を伸ばしてクレアの命を救った。それでもサイラーを許せないクレアだったが、ノアに説得されスティーブンが向かった先を教えた。

- とあるBARにやってきたアダム、ヒロ、アンドー。アダムはここが悪党がパワーを持つ人間をスカウトしにやってくる場所なのだと教えた。ところが、バーテンダーの奥さんを寝取ったアダムの代わりにヒロが殴られ気絶。アンドーが必死に起こすが、アダムには逃げられてしまった。

- カンパニー。ネイサンがトレイシーをアンジェラに紹介しようとすると、アンジェラはトレイシー、そしてドクター・ジンママンのことを既に知っていた。ジンママンは以前カンパニーで働いていた。トレイシー、ニキ、バーバラの3姉妹に能力を与えたのは彼、そしてネイサンに能力を与えたのもドクターだと告白。

- ラボ。モヒンダーがいないと分かり、恐る恐るマヤが入ってきた。寝台についた血や、壁に巻き付けられている近所の男を発見して急いで助けようとする。が、運悪くモヒンダーが帰って来てしまう。息を殺して隠れていたマヤはパワーでモヒンダーを殺そうと試みる。しかし悪のモヒンダーに「また人殺しをしたいのか?」と言われ、素に返ってしまうマヤ・・・新たな犠牲者になった。
みのむしマヤ

- カンパニー。これまでになされたテストの詳細を見せられ、「神じゃなかった・・・」とショックを受け、怒るネイサン。アンジェラは「あなたの父親はあなたにパワーが無かったことでとてもガッカリしたのよ」と説明。すると「じゃ、私は何なの?」とトレイシー。アンジェラは、我々がしたことは間違っていた。だから化学式を2つに分けて葬ったのよ!それを取り返さないと!と説得しようとするが、"Go to hell"と2人は冷たく去って行った。

- スティーブンが家族と待ち合わせをしていたメリーゴーランド。クレアが事情を聞くと、家族は現れなかったとのことだった。クレアが励ましていると、手を出さないと約束したはずのノアがスティーブンの頭に銃を突きつけた。「ダッド、やめて!!」と止めるクレアだったが、ノアは「いいか。よく聞け。むこうに立っている男(サイラー)を消せ。それさえすれば、お前は自由の身だ。約束する。やるんだ!」とスティーブンをせかす。
自ら消えるスティーブン
しかし、「俺はモンスターにはならない!」と言うとブラックホールを作り、スティーブンは自ら穴の中へと消えて行った。クレアはノアを憎むようになる。家に戻ると母サンドラは、「メリディスが見つけてくれたのね!」と一安心したが・・・メリディスはクレアを探しに行った先のエディに捕まっていた。

- アダムを探すヒロとアンドー。それを「へへへっ」とあざ笑うアダムは次の瞬間、ノックスにぶん殴られ、ミニバンに積まれる。一方、アダムを見失ってバーで飲んだくれるヒロとアンドー。そこへダフニとノックスが現れた。ヒロはとっさの機転をきかせ、「自分たちも悪党の仲間に入れてくれ!」と言い出した。ノックスは悪党になった証拠に、「パワーのないダチを殺してみせな?」と刀を渡した。するとヒロは、「世界を守るために犠牲が必要なんだ」と言うと、アンドーの胸を一気に刺した。

- カンパニーでうとうとしていたアンジェラは夢を見る。トレイシーとネイサンが殺され、目の前には手を血だらけにしたピーターが立っている。かと思うとピーターが力なく倒れ死ぬ。すると背後には死んだはずの男が現れた・・・

- パインハースト。ダフニはリンダマンに自分は人殺しの仕事はしたくないと言う。リンダマンは次の仕事はこの男をスカウトしてくることだ、とマット・パークマンのファイルと渡す。何か弱みを握られているダフニには選択肢が無かった。そして、ダフニの脳内でリンダマンを見せているのはマットの父モゥリー。パインハーストの中で寝たきりになっているボスらしき男に、すべては順調に進んでいる、アダムは明日連れてきますと報告をする。
Mr. ペトレリ(ピーター&ネイサンの父)
「Yes, ミスター・ペトレリ」To Be Continued...

感想:やっぱり生きてたー!アンジェラの夫。ということで、これからアンジェラ@カンパニーvs夫ペトレリ@パインハーストで、"One of us, One of them"っていうわけか。にしても、リンダマンがモゥリーだったのもちょっとビックリ。なるほど。

11/04/2008 | コメント(0) | トラックバック(0) | HEROES | ↑ページトップ

この記事へのコメント

コメントを書く

 
 
※非公開コメント投稿不可
 

↑ページトップ

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

↑ページトップ

ブログ内検索

カテゴリー

一押しサイト

プライベートモード

スポンサーズサイト

プロフィール

Blog People


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。