上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

↑ページトップ

10話と11話ではシーズン1からHEROESのテーマでもあった"Eclipse"(イクリプス)『日食』現象が起こる1日のストーリーが展開されます。イクリプスの語源はギリシャ語で、「力を失う」ことを意味します。というわけでヒーローたちのパワーが・・・結論から言うと、ワタシ的には納得できる内容ではありませんでした。

年内の放送は残すところあと2回、来週(12月8日)12話"Our Father"と、13話"Duality"(15日)でクリスマスとニューイヤーのお休みに入ります。(ドラマ自体が。)年明けすぐには始まらないと思うんですが、多分2月とか。14話のタイトルは"A Clear and Present Danger"に決定しています。

Ep. 310: The Eclipse Part 1

カンパニー(アンジェラ)サイドの任務
1. ネイサンとピーター:ヘイシャンを探すためハイチへ行く。
2. マットとダフニ:ヒロを探し出す。
3. ノア:クレア(キャタリスト)をパインハーストから隠す。
パインハースト(アーサー)サイドの任務
4. サイラーとエル:(特訓をしているうちにラブになった2人)クレアを確保。
5. モヒンダー:化学式を解き明かすこと。

途中エクリプスが起こり、全員からパワーが失われる。この時点で最強なのはノア。

その後・・・
1. ヘイシャンの兄が支配する荒れた町の闘争に巻き込まれ、ネイサンが捕まる。
2. マットのアパートへやってきたヒロとアンドー。探す手間がなくなったマットだったが、逃げたダフニを追ってダフニの実家(カンザス)へヒロたちと行く。ヒロとアンドーはこれからどうするかを探すべく、コミックストアで"9th Wonder"を探す。

3&4. 空家になったスティーブ宅で、クレアに戦う特訓をするノア(ものすごく強くてカッコイイ!)そこへ、 エルとサイラーが現れる。が、パワーを使えずノアが優勢!しかし、クレアがエルに撃たれ、ヒール(癒える)ことが出来ないクレアを連れてノアはいったん帰宅。空家に残ったエルとサイラーは男女の関係に・・・

5. パワーが無くなって唯一喜んでいるのは、元の美しい男に戻ったモヒンダーのみ。しかし、アーサーに脅されてパインハーストから出て行くことは出来ない。凶暴なフリントを見張りにつけられたモヒンダー。研究には集中できず、マヤのことが頭をよぎる。

-----

感想(というか突っ込み):
"9th Wonder"ってシーズン1にアイザックが描いた漫画ですよね?それから何回も“未来”が変わったというのに、その本に描いてあることが起こるって・・・どんだけ矛盾を引っ張るの??ちゃんちゃらオカシイわい。あと。せっかく消えたというのに、なぜマヤをまた出すよ!w

コミックブックの店員役でゲストスターだったセス・グリーンが出たのはちょっと嬉しかったんですが、なんかお祭り騒ぎっぽい内輪ウケ的な雰囲気が否めず、10歳を演じているマシ・オカが擁護しきれないのと重なって漫画屋のシーンはおちゃらけでした。これで今まであまり焦点が当てられなかったマシの演技力がいよいよ危ない。

たま~に応援クリックお願いします⇒にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマ

12/03/2008 | コメント(0) | トラックバック(0) | HEROES | ↑ページトップ

この記事へのコメント

コメントを書く

 
 
※非公開コメント投稿不可
 

↑ページトップ

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

↑ページトップ

ブログ内検索

カテゴリー

一押しサイト

プライベートモード

スポンサーズサイト

プロフィール

Blog People


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。